TOP

6/16(木)21:00~小林径と小林うてな、松永耕一(COMPUMA)が贈る選曲番組『Background Music~Season 2 vol.2』をTime Out Café & Dinerで開催&生配信!


   松永耕一   DJ   Background Music 


長年にわたるレコードCDショップのバイヤーを中心として、音楽紹介・音楽にまつわる様々なシーンで幅広く活動する松永耕一(COMPUMA)氏と、タワーレコードのストリーミング・メディア、〈TOWER REVOLVE PROJECT(タワー・レボルブ・プロジェクト)〉、呼称〈タワレボ〉が贈るBGM選曲番組『Background Music~New Season』が2周年を迎えパワーアップし、この4月より新たにニューアルしました!

 

4月、6月、8月、10月、12月の隔月、恵比寿リキッドルーム2F奥の音楽交差点Time Out Café & Dinerから、DJやアーティストら2組をゲストにお迎えし、松永耕一(COMPUMA)氏と共に、普段のDJプレイとはひと味違うBGMをテーマに選曲をしていただき、日々の暮らしにも寄り添うような、様々な音楽の魅力を探りたいと思います。

 

6月16日(木)の1組目のゲストは、日本屈指のレアグルーヴ・マスターであり、『Routine Jazz』シリーズの仕掛け人として数々のムーブメントを引き起こす一方、近年では実験性に富んだ表現スタイルで新境地を開拓し、4月22日(金)には最新MIX CD『Whole lotta shakin go in on』を発売した小林径が登場!

 

径小林%u3000

 

2組目のゲストは、、5月25日(水)に初のソロアルバムVATONSEをリリースし、現在ソロ活動と平行して、蓮沼執太フィルやD.A.N.など多くのサポートとしてライブやレコーディングに参加する、小林うてなさんをお迎えします!

 

 

選曲者の趣向やルーツを映し出した、安らぎや煌めき、ときめきを感じる豊かな音楽。その出会いと素敵なひとときを、ぜひ会場やタワレボのUstream配信でお楽しみください。

また、配信中は「アーティスト/曲名」をテロップで表記するため、気になる楽曲はすぐにチェックできます!
新たな音楽の発見もお楽しみください!

 

 

人それぞれの音楽との様々な距離感、様々な環境や時間の流れ、そして、そこに集う人々と働く人達、世代と時代、日々の生活、そんな、いろいろな要素がつながりあって、その場の雰囲気を醸し出す役割の一部を担っている音楽。

さりげなく暮らしの中に寄り添いながら、聞き手の心地よい距離感で存在して、何気なく聞き流していながらも、ふっと気付くか気付かないようなところで、豊かな気持ちになれたり、どこか心の琴線にふれてグッときたり。

そんなBGMとしてのバックグラウンド・ミュージックをテーマに、過去への敬愛と、次の時代へ向けての少しばかりの提案も含めて、毎回のゲストの皆さんとのハーモニーと共にお届けさせていただきます。

会場でも配信でも、どうぞお付き合いのほど、よろしくおねがいいたします。 

松永耕一COMPUMA

 

「Background Music~Season 2 vol.2」
GUEST BGM:小林径、小林うてな
BGM:松永耕一(COMPUMA)

開催日:6月16日(木)  open/start 19:00~23:00 (※配信は21:00~23:00となります。)
会場:Time Out Cafe & Diner [LIQUIDROOM 2F] access
1st drink charge 1,000yen (include music charge)
※会場で観覧ご希望の方はコチラで!

 

▽配信先URL▽
タワレボ:http://www.towerrevo.jp
ハッシュタグ:#タワレボ

【配信に関する注意事項】
『Background Music~Season 2』をスマホでご視聴される方は、無料アプリAbemaTV FRESH!のDLが
必要となります。
タワレボサイトでPC閲覧時は不要です。Ameba会員登録は不要でご視聴いただけます。

・iPhoneをご利用の方は、コチラからDLを。
・Androidをご利用の方は、コチラからDLを。
・AbemaTV FRESH!の視聴推奨環境はコチラをご覧ください。

 

▽アーティスト情報▽

径

小林径

クラブ黎明期から活躍する東京を代表するSelectorの一人。

90年代は初期レアグルーヴのオリジネーターとして活躍。 また、アルバム『routine』がドイツ99recordより世界発売、世界中で絶賛される。2000年代に入るとコンピレーション『Routine Jazz』シリーズが記録的なセールス。 またGiles PeatersonのWORLDWIDEで特集も組まれるなど、高い評価を受ける。近年は、LEFT FIELDをキーワードに、実験性に富んだ表現スタイルを追求。その新境地は早くもコアな音楽マニアの間で評判になっている。

そして今年の4月22日(金)には、最近の集大成とも言うべきCD『Whole lotta shakin go in on』を発売。大きな話題を呼んでいる。

◇作品情報
n_t0077348
KEI KOBAYASHI『WHOLE LOTTA SHAKIN’ GOIN’ ON』
¥1,836

 


小林うてな1

小林うてな

長野県原村出身。東京を拠点に活動するソロアーティスト。

ラップトップ、ラップ/オペラ/メタルなどから影響を受けた歌唱、スティールパン、マリンバ、シンセサイザー、パッドなどの機材を多様に用い、演奏手段を選ばない独創的な作曲スタイルを持つ。
現在ソロ活動と平行して、「D.A.N.」のライブにサポートで参加する他、映画の劇中曲製作、楽曲アレンジ、音源制作等も手がける。
これまで、バンド「鬼の右腕」を結成、2013年FUJI ROCK FESTIVAL ROOKIE STAGEに出演し同年解散。また、蓮沼執太フィル、トクマルシューゴ+、坂本美雨、Ackky、鈴木博文、ダニエル・クオンなどのライブ/レコーディングに参加。

ミックスに葛西敏彦/マスタリングにseihoを迎え、2016年5月に初のソロアルバムを2.5D PRODUCTIONよりリリース。

オフィシャルサイト
Twitter
◇作品情報
zaP2_G6299906W
小林うてな『VATONSE』
¥2,000

 

top14

■松永耕一(COMPUMA)

ADS(アステロイド・デザート・ソングス)、スマーフ男組のメンバーを経て、 DJとしては国内外の数多くのアーティ ストDJ達との共演やサポートを経ながら、日本全国の個性溢れるさまざまな場所で日々フレッシュでユニークなジャンルを横断したイマジナリーな音楽世界を 探求している。

自身のプロジェクトSOMETHING ABOUTからMIXCDの新たな提案を試みたサウンドスケープなミックス『Something In The Air』シリーズなど意欲作も多数。一方で、BGMをテーマに選曲したコンピレーションCD『Soup Stock Tokyoの音楽』、北欧ノルウェーのSSW、ヨルン・アレシャールのソロ・デビュー作『アイム・ソー・グラッド』のP-VINEとの共同での国内CD化 など、音と音楽にまつわる様々なシーンで幅広く活動している。

2015年9月、京都の老舗茶問屋、宇治香園創業150年記念として、 KIRIHITOの竹久圏をフィーチャーした初のソロ作品『SOMETHING IN THE AIR -the soul of quiet light and shadow layer-』を、続いて11月初旬にはem recordよりリコンストラクトを手掛けた初の12インチ・アナログ盤EP「Compuma meets Haku」もリリースされた。

オフィシャルサイト
Twitter
◇作品情報
somethingintheair
COMPUMA feat. 竹久圏
『SOMETHING IN THE AIR-the soul of quiet light and shadow layer-』

¥2,160

compuma meets haku_h1
Compuma meets Haku『The Reconstruction of “Na Mele A Ka Haku”』12″
¥2,376



JASRAC許諾番号:9010254026Y45037
©2016 Tower Records Japan Inc.