TOP

ゲストでDEJIとYoung Hastle、輪入道、ちゃんみなが登場!2/22(水)22:00~KEN THE 390『超・STREAM on タワレボ』を配信!


   超・STREAM   KEN THE 390   HIPHOP 


毎月第4水曜日の22時からお届けする、KEN THE 390がパーソナリティーを務める情報番組『超・STREAM on タワレボ』。
注目アーティストをゲストにお迎えし、ジャパニーズ・ヒップホップシーンの最新情報を発信しています!

 

第34回目となる2月22日(水)は新作が話題のアーティスト4組をお迎えします!

 

1組目は、2月22日(水)に約3年振りとなる6枚目のオリジナル・アルバム『草莽の人』を発表する、日本語ラップバトル黎明期からバトルをする戦歴を持ち、コンスタントにリリースを続けるソロマイカー、DEJI!

 

 

2組目は、3月8日(水)にFLY BOY RECORDSの盟友、DJ TY-KOH、KOWICHI、そしてUZI、Y’S、K-YOらを客演に迎えた4作目『Forever Living Young』の発売を控えた、日本語ラップ・シーンを代表する個性派ハードライマー、Young Hastle!

 

 

3組目は、2月22日(水)にセカンド・アルバム『左回りの時計』をリリースする、「フリースタイルダンジョン」でのコンプラまみれのパフォーマンスでも話題を呼んだ”平成の異端児”こと輪入道!

 

 

4組目は、3月8日(水)に自らが総合プロデュースを務めた渾身のファースト・アルバム『未成年』をドロップする、高校生RAP選手権で一躍脚光を浴びた”シンデレラ・ガール”、ちゃんみな!

 

 

ゲストを交えてのトークやライブに加え、タワーレコード渋谷店のマンスリーチャート、KEN THE 390によるオススメ音源の紹介、DREAM BOYの最新ニュースなど… と、ジャパニーズ・ヒップホップ情報満載のラインナップでお届けします!
シーンを読み解くためも、ぜひお見逃しなく!

 

 

 

▽KEN THE 390『超・STREAM on タワレボ』▽
配信日:2月22日(水)22:00~23:30
MC:KEN THE 390
ゲスト:DEJI、Young Hastle、輪入道、ちゃんみな

内容:トーク&ライブ
※会場での観覧はございません。

 

▽配信先URL▽
タワレボ:http://www.towerrevo.jp/
ハッシュタグ:#タワレボ #KENTHE390
FRESH! 番組チャンネル:https://freshlive.tv/towerrevo/85492
※FRESH!アプリDLとチャンネル登録で番組配信開始通知が受けられます!

 

▽アーティスト情報▽

■DEJI

1981年 九州に産まれる。
2000年 佐賀県から上京するとともにマイクを握り始める。
2001年  DJ H!ROKi、EGUとKalliostro(カリオストロ)として都内中心に活動を開始。
2003年 33Recorzより自主制作音源「カリオストロEP / Kalliostro」リリース。
HIPHOP誌「BLAST」内の自主音源等紹介ページにて、カリオストロの音源などが取り上げられる。
「新宿スポークンワーズスラム」第1回グランドチャンピオン大会にてベスト4入賞。
2004年 Libraレコード主催「ULTIMATE MC BATTLE」(UMB)第2回東京大会にて優勝。
2005年  「2014EP / Kalliostro」リリース後、グループとしての活動を休止。
ZOEと共に自主制作CD-R「やもめ暮らし伝説 / ZOE&DEJI」リリース。
「UMB」第1回グランドチャンピオン大会にてベスト8。
2006年 1stソロアルバム「SENBE-BUTON / DEJI」リリース。
2007年 2ndソロアルバム「HEAVY WEIGHT TANKS / DEJI」リリース。
KEN THE 390のメジャーデビューアルバム「MY LIFE / KEN THE 390」収録の楽曲
“超・ラップへの道”にTARO SOULと共に客演。プロデュースはDJ JIN(RHYMESTER)。
YouTubeで公開されたPVが話題となり、日本語ラップの楽曲としては記録的な再生回数がカウントされる。
2009年 3rdソロアルバム「JET STREAM SALMON / DEJI」リリース。
このうち、SIRCHINプロデュースの”Black Mont Blanc”(feat. Black Mont Blanc)、
PUNPEEプロデュースの”Attacking Dharma”の2曲のPVがMTVにて放映される。
2010年 自身が所属するクルー、Black Mont Blancの1stアルバム「Sullen Faces / Black Mont Blanc」リリース。
2011年 「WHERE ARE YOU GOING? / LOWPASS」など、計7本のアルバム/Mix CDに客演。
2012年 4thソロアルバム「自問自答 / DEJI」リリース。
2013年 菊丸&DEJI「CONTRAST / 菊丸&DEJI」リリース。
2014年 5thソロアルバム「HARVEST / DEJI」リリース。
2015年 5thソロHARVESTリリースツアーで全国各地を行脚。待望の第一子もリリース。
2016年 年子の第二子をリリース。
2017年 6thソロアルバム「草莽の人 / DEJI」リリース。

Twitter
OFFICIAL BLOG


DEJI『草莽の人』
¥1,890

 

Young Hastle

中学3年時にキングギドラに出会い、衝撃を受ける。ZEEBRAのスタイルに憧れると同時にUSヒップホップを吸収。
2002年にラップを始め、渋谷のクラブなどでライブ活動を展開。
一切のブレを感じさせない彼の性格が、アンダーグラウンドの現場で日々泥臭く戦うラッパーを沸かせ、厚い支持を受ける。

2010年6月、1stアルバム『THIS IS MY HUSTLE』をリリース。
自身のトレードマークである “VネックTシャツ” 偏愛ソング 「V-NECK T」が大ヒットし、颯爽とシーンに登場したヤングハッスル。
立て続けに「V-NECK T(V-MIX)」を発表、同年12月には「V-NECK T」がAmebreak AWARDS 2010 BEST SONGS部門で堂々の第2位に輝き、一躍 “V-NECK T” ブーム が巻き起こる。
2011年6月に発表した「THIS IS MY HUSTLE REMIX EP」では、肉体美を誇る筋トレ・アンセム「Workout」のPVが話題となり注目された。

2012年7月、2ndアルバム『Can’t Knock The Hastle』をリリース。
日焼け推奨ソング「Blackout」をはじめ、収録曲のほとんどが実体験をラップに落とし込んだ純度の高さが多くのリスナーを虜にした。

2014年7月、自らのリターンを高らかに宣言した待望の3rdアルバム『RETURN OF THE HASTLE』をリリース。磨き上げられた中毒性のあるヤンハス節がファンをうならせた。
日本語ラップ界随一の肉体美と言っても過言ではないその鍛え上げられたルックスは、多方面で評価され、メディアや雑誌への露出も多い。

​2015年、盟友 DJ TY-KOH、KOWICHIと共に FLY BOY RECORDSを設立.。
その第一弾として、同年11月、完全ストリート・マナーなミックスとして話題を呼んだDJ TY-KOHとのコラボミックスCD「TYH the Mixtape」をリリース。
“おんなのこ” に捧げる正真正銘のギャル・チューンからハードコア・シットまで、絶妙なセンスで作り上げている。
同時期、DJ TY-KOHを筆頭に『FLY BOY RECORDS LIVE IN CONCERT』と題された、KOWICHIとのツーマンライブを開催し、豪華ゲストを招き大成功に終わる。

2016年、DJ TY-KOHとのコラボEP「TYH THE EP」をリリース。”Hip Hop以外はやりたくない” という強烈なメッセージが詰まった「バイトしない feat. KOWICHI」がスマッシュヒットとなる。
同年、日本語ラップの伝説的なイヴェント「さんピンCAMP」が20年ぶりに復活した「さんピンCAMP20」にFLY BOY RECORDSの仲間と出演を果たし、息のバッチリ合ったパフォーマンスで強烈なインパクトを残す。

2017年3月、”見た目二枚目 やること三枚目 これがハスバム四枚目” とヤンハス節全開の、4thアルバム「Forever Living Young」をリリース。

日本語ラップシーンを代表する超個性派ハードライマー。

OFFICIAL WEBSITE
Twitter


Young Hastle『Forever Living Young』

¥2,592(税込)

 

■輪入道

平成2年東京生まれ。千葉の埋立地で育つ。
アーティスト名「輪入道」の由来は、石ころをダイヤに変えてみたかったから。2007年ごろ単独で活動開始する。17歳の夏休みに千葉CLUB BELT主催の『REPRESENT MC BATTLE』に出場、まったくの無名でありながら異様な存在感で他を圧倒し、ラップをはじめてわずか4ヶ月にして優勝賞金20万円を手にする。18歳の時に渋谷を中心に関東各地のクラブ・イベントに出演し、年間合計「131本」に及ぶライブ・ショーケースをフリースタイルのみで歌い上げ、シーンにその名を轟かせていく。
2009年、テレビ東京の深夜番組に「千葉のヤンキーラッパー」という肩書きで出演、「ピー」音連発のラップをかます。また地元アーティストからのフックアップにより、国内最大のブロック・パーティ『B-BOY PARK』でのライブも19歳という若さで経験している。
活動開始から6年間は一回もステージで決められた歌詞を披露する事がなく、ケタ外れのアドリブ感覚と人間味で聴衆をロックし続けた「平成の異端児」。そして2013年待望の1stアルバム“片割れ”を自身主催のレーベル「GARAGE MUSIC JAPAN」を立ち上げ全国リリースし、インディーズながら好セールスを記録。現在もロングセラーとなっている。
2014年より活動の幅を更に広げ、フジテレビのバラエティ番組「そんなバカなマン」や、MONDO TV「テリー伊藤のTOKYO潜入捜査」にて「フリースタイルラップの世界に潜入」の回に出演。バトル・シーンでも『B-BOY PARK 2014』優勝をはじめ首都圏各地のMCバトルで前代未聞の「6大会連覇」を成し遂げ名を上げる。
そしてBSフジの討論番組「長渕炎陣」への出演で茶の間に強烈なインパクトを与え一躍全国区に。その経緯から、伝説となった『長渕剛 10万人オールナイト・ライヴ 2015 in 富士山麓』のステージにも立ち、ラップに馴染みのない世代にもストリート叩き上げの言霊をぶつけていく。
客演においても妄走族のアルバムや、デビュー40周年を記念して制作されたCOOLSのトリビュートアルバム、不慮の事故で他界してしまった故DJ Deckstreamのコンピレーションアルバムなど話題の作品に立て続けに参加。
勿論国内屈指のフリー・スタイラーとしての顔は健在であり、『罵倒 GRAND CHAMPION SHIP MC BATTLE』にて優勝を果たす。更にテレビ朝日の『フリースタイルダンジョン』では初戦で敗退するもコンプラだらけの危険極まりないパフォーマンスが反響を呼び、Yahoo!のリアルタイム検索ワードで1位になってしまう。しかしその後に『フリースタイルダンジョン』と連動して開催された『SUMMER BOMB』で漢 a.k.a. GAMIと再戦し雪辱を果たしている。
選挙促進運動の一環でもある選挙管理委員会主催のイベント『TOHYO都』でも圧巻のフリースタイルで観客から喝采を浴びた。
また、近状ではバラエティ番組「ヨッ!あんたが大賞!」や乃木坂46の番組「NOGIBINGO!6」など、クラブ・シーンの枠を飛び越えた地上波出演でHIPHOPに馴染みが薄い若者たちからも注目されている。

Twitter


輪入道『左回りの時計』
¥2,592(税込)

 

■ちゃんみな

父親が日本人、母親が韓国人の韓国生まれ。
日本語、韓国語、英語を話すトリリンガルJKラッパー/シンガー“ちゃんみな”(18歳)。
6歳までは日本、韓国、アメリカを行き来しながらピアノやバレエを習う。
小学校より東京で育ち、HIP HOP、JAZZ、GIRLSなどのダンスも始め、振り付けなども担当する程の才能を発揮。
そして中学生で歌を始め、高校生になってから作曲とラップを始める。
彼女が一躍脚光を浴びたのが、“BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権”の第9回大会に出場し、類いまれなるラップスキルと、観客を魅了するキャラクターで瞬く間に注目を集める。
その後、唯一無二のラップとキャラクターが業界でも話題となり、全国ネットのテレビ番組に多数出演。2016年4月に配信リリースした「未成年 feat. めっし」は、iTunes HIP HOPチャート1位を獲得。
さらに、自身で制作した楽曲のMV「Princess」(2016年7月公開)はYou tubeで約150万再生回数を誇る。2017年3月8日にビクターエンタテインメントより1stアルバム『未成年』をリリース。

OFFICIAL WEBSITE
Twitter


ちゃんみな『未成年』
¥2,484(税込)

 

160818k

■KEN THE 390

自らのラップはもちろん、イベント/レーベル運営まで精力的に行い注目を集める、KEN THE 390。

フリースタイルバトルで実 績を重ねた後、2006年3月25日にインディーズレーベルDa.Me.Recorodsからアルバム「プロローグ」をリリース。2枚のアルバムを経て、 2008年avex rhymezoneと契約。EP「Fantastic World」にてメジャーデビュー。

2012年12月には主宰 レーベル「DREAM BOY」を設立。主催ライブイベント「超・ライブへの道」をスタートさせ、東名阪ツアーなど含め定期的に開催。2013年5月2日には、Dr.Kこと KREVAと共同プロデュースで「春の超ライブ祭り」をZEPP DiverCityにて行った。また、自身のワンマンライブシリーズ、#ケンザワンマンも、2013年代官山UNIT、2014年恵比寿リキッドルーム、 2015年渋谷クアトロと毎年開催。

2015年6月に8枚目のアルバム「WEEKEND」、2016年2月には限定EP「真っ向勝負」をリリース。

活発なアーティスト活動を続けながら、現在はテレビ朝日にて放送中で話題のMCバトル番組”フリースタイルダンジョン”にも、審査員としてもレギュラー出演。その活動はレーベル運営からイベントプロデュースにいたるまで、多岐にわたっている。

OFFICIAL WEBSITE
Twitter
OFFICIAL BLOG

zaP2_G2817873W
KEN THE 390『KEN THE 390 ALL TIME BEST ~The 10th Anniversary~』 [2CD+DVD]
¥3,500(税込)



JASRAC許諾番号:9010254026Y45037
©2016 Tower Records Japan Inc.